花粉症の季節がくるまえにすること

スギ花粉のアレルギーは2月から3月がピークだそうです。鼻がむずむずしたり鼻水がでたり、くしゃみがでたりする人もいれば、目がかゆくなったり涙が止まらなくなったりする人もいます。頭がぼうっとするので、仕事に集中できなくなるのが花粉アレルギーのつらいところです。

スギ花粉のアレルギーが多いようですが、ほかの花粉の影響に悩むひとは少なくありません。花が花粉を飛ばす季節もさまざまです。だからスギ花粉のピーク時期がすぎてから、いきなりアレルギー症状がでるひともいます。こうしたひとは、4月以降に花粉の飛ぶ植物のアレルギーをもっているのでしょう。

たとえばイネ科植物の花粉アレルギーの場合、症状が強くなるのは5月なのだそうです。

わたしは花粉症ではありませんが、家族のなかに花粉アレルギーがいます。自分もいつ症状がでるかもしれないと、それなりに花粉症については注意してきました。前触れもなくいきなり発症するそうなので、気長に毎年気をつけていないといけません。

いろいろ調べたところ、花粉症の症状がでるまえに対策をするのがベストだとわかりました。春になってから対策を始めても、症状を緩和することはむずかしいのだそうです。

花粉症対策として最善なのは、自分の免疫力を冬のあいだにあげておくことです。寒い時期に体調をしっかり整えておくことだと言い換えてもいいかもしれません。ここで体力が落ちてしまうと、免疫力もさがり、春にはアレルギーにやられてしまいます。

冬のあいだにしているのは、体力づくり、そして整体です。からだの歪みを正し、血液の流れをよくする整体は免疫のアップに効果があります。整体は即効性が感じられるのもいいですね。花粉症対策の場合は何度か通院する必要はありますが、行くたびにからだが軽くなることがわかるので続ける気力がわいてきます。

今年の春もどうやら花粉症知らずですごせそうです。来年も努力を怠らず、アレルギーをよせつけない強いからだを作っていきたいと思っています。

ミントをテラスで育てています

うちには少し大きめのテラスがあります。住み始めたころはテーブルセット以外はなにもなかったのですけれど、たまに鉢植えを買ってきて置いているうちに、ずいぶん緑の多いテラスになりました。いまではわたしの憩いの場です。

お気に入りはミントです。育てるというほど意識してなにかをしているわけではありません。ミントは丈夫なので、地上の茎が冬に枯れても根は休眠して生きています。春になると、なんの手入れをしなくてもきれいな緑の葉を茂らせてくれるのが我が家のかわいいミントたちです。

それなりに古い株ですが、注意して水を切らさないでいれば、香りのいい葉をまだまだたくさんつけてくれます。スペアミントがいちばん大きな株です。いただきもので、たぶんアップルミントだろうと思われる株もあります。

ミントはほとんど手入れの必要がないので、ついつい放置していました。ですが一昨年あたりから、がりがりと齧られたような跡のある葉を見つけるようになりました。ミントは害虫にも強いと聞いていたので、どんな虫がついているのかとおどろきました。葉を裏返してもなにもいません。

プランターに詳しい友人に相談したところ、それはきっと夜盗虫だろうという結論になりました。ヨトウムシと読むのだそうです。名前のとおり、夜になるとあらわれて葉を食べる虫です。日中は土中にいるので、昼間に葉を点検しても見つけることができません。

おそるおそる割り箸でミントの根元を少し掘ってみました。でてきました。けっこう大きいようで、2cmはあったと思います。その後もヨトウムシはほかのプランターでもみつけました。緑色と茶色の2種類がいるようです。動きは尺取虫みたいです。

食欲が旺盛なので、ヨトウムシを放置することはできません。すぐにミントくらい食べつくしてしまいます。見つけたら割り箸でつまんで、テラスの外へ追放することにしています。

今年の春になってからも、すでに3匹の緑色のヨトウムシを追放しました。活動時期は案外早いです。これがあらわれると、かなわないなと思う反面、ああ本格的に緑の芽吹く季節がきたんだなとも感じます。

今年はミントたちをできるだけ守ってあげたいです。

ブリラミコを通販で買えるんですね

クリスタルガラスがすてきなブリラミコの腕時計を、いつか買おうと思っていました。デザインをじっくり選びたいので、できれば直営店でと考えていました。でもじつは通販でもこちらの商品は購入できるのですね。

手に取れないというのは気になりますけれど、手軽さを重視するなら通販でもいいと思います。定番の型ならとくに安心ではないでしょうか。ただサイトの吟味はするほうがいいですね。コピーを販売するような良心のないサイトもありますから。

ブリラミコのなかでも好きなのは、やや辛口のユニセックスタイプです。時計のなかの仕掛けがよく見えて、くるくると回転する構造がわかるデザインです。スワロフスキーのカットグラスが上品に散りばめてあるものがいいですね。カットが独特なので、わずかな光でもよく反射して、本当にきれいです。

ビジネスシーンでも使えると聞きましたが、写真でみるかぎりは少し派手かなとも感じます。仕事で使うなら、シルバー一色のものを選ぶでしょうね。シルバーメタルなんていいかもしれません。カラーの入っているものはプライベート用にしようと思います。

革はあとから付け替えもできるようです。腕時計にそこまでこだわったことがなかったので、こういうサービスがあると知ってびっくりしました。長く使うのなら、数年後にベルトを交換してもいいですね。

最初の1品は自分用にと思っていますが、気に入ったら友人へのプレゼントにブリラミコをもう1つ購入してもいいかなと考えています。きらびやかで存在感があって、プレゼントとしては最適な品かもしれません。

外出することは多くないので、ブリラミコ 通販があるととても便利です。何かときめくことがあったら、このすてきな腕時計をさっそく買ってみようと考えています。

コミュニケーション障害かなと思ったら

コミュニケーション障害のことを、最近はコミュ障と呼ぶことがあるのだそうです。正式な学術名ではなく、こちらはネット用語だと思います。コミュ障が指す症状や傾向については、はっきりした定義はありません。人付き合いが苦手な人のことを、ばくぜんとコミュ障だと指すことも多いようです。

自分のことをコミュ障だと感じる人も多いといいます。対面で話すのは好きではないけれど、SNSでつながるのは平気だという人も多いでしょう。こういう人たちのことをコミュ障だと呼んだりもするようですね。ネットの世界でいうコミュ障とは、人との対面での交流が苦手な人たちのことを指しているといえそうです。

ところが元の言葉であるコミュニケーション障害の定義は、ネット界のコミュ障とは少し違います。コミュニケーション障害の特徴は、コミュニケーションによる正確な情報の受け渡しができないことです。対面であるかSNSであるかは、あまり問題ではありません。たとえSNSしかしなくても、それで必要な情報をだれかと正確に共有していれば、その人はコミュニケーション能力が十分にあるといえます。

本物のコミュニケーション障害の人のなかには、対面での人とのおしゃべりが大好きな人も少なくありません。対面での他人との交流が苦手だなどと、こうした人は考えてもいないでしょう。真にコミュニケーション障害かどうかを判断するのは、おしゃべりの好き嫌いではなく、対話の内容です。

たとえば、多弁で饒舌なのに、いつも自分勝手にしゃべる、他人の話をよく聞かないという人がいるでしょう。少し前の言葉でいえばKYだといえるかもしれません。こういう人が真のコミュ障です。対話による情報の受け渡しが正確にできていないからです。コミュニケーションが嫌いな人ではなく、正確なコミュニケーションをできない人がコミュ障です。

ここまでわかったとき、世の中にはコミュ障さんがあふれているんだなと思いました。程度の差はあれ、身近でこういう人を見かけることはだれにでもあるのではないでしょうか。軽度のコミュ障なら、むしろ個性として認めてもらっている人もいるかもしれません。

だれかと喧嘩したときに、もしかしてコミュ障じゃなかと思って自分を責める必要もありませんね。そんな思いが胸をよぎるのは、真のコミュ障の特徴ではありません。本当のコミュ障の人は、自分のことを悪いなんて考えもしませんから。中途半端なコミュ障は1番つらいのかもしれません。

ほとんどの人は、ごく軽度のコミュ障なんじゃないかなと思っています。それなら気にすることもありませんね。個性か性格のひとつだと割り切って、気にせず生きていけばいいと思いました。

梅酒って外国人にも人気みたいですよ

しっかり漬かった梅酒はおいしいですよね。大好物です。飲みすぎると太るので気をつけていますけど、手元にあればつい飲みすぎてしまうくらい好きです。

梅酒は日本のお酒です。でもあの香りと甘さは、外国人にもわかってもらえるのだそうです。海外の方に梅酒をあげたらとても喜ばれたと友人が言っていました。

外国のお酒というと、ウイスキーやラムなどの甘さの低いものしか思いつきませんでした。辛口のお酒ばかり飲んでいる人たちがどうして梅酒を好むのかとさいしょは不思議でした。

でも外国には食前や食後に甘いお酒を少量飲む習慣があるのだそうです。食前酒や食後酒です。だからそういうタイプのお酒として使ってくださいといって渡すと、梅酒は比較的スムーズに受け入れてもらえるみたいです。とくに食後酒として使いやすいみたいですね。

とろりとした舌触りにフルーツの香りがおしゃれで、女性にも人気なのだそうです。そういえばイタリアにはレモンチェッロなんていうレモンのお酒もありますし、そうしたものだと思えば、梅酒は外国人にも馴染みやすい味なのでしょう。

もっとも外国で販売されている梅酒は、着色料や香料が入っているものが多いみたいです。梅の本当の味わいを引き出そうとしたら、飲めるまでに何年もかかりますから。そこまで手間隙かけたクオリティは、外国ではまだ求められていないということでしょうか。

高村光太郎の『智恵子抄』のなかに、妻の智恵子が梅酒を漬けるという描写がありました。妻のことを思い出しながら、光太郎がその梅酒を飲もうかと考えるシーンです。あの梅酒は、智恵子が作ってから何年経ったものだったのかな、どんなにとろりとした味わいがしたのかななんてふと考えたりもしました。

言葉の壁はありますが、語学の力を磨いて、こういう話を外国人としながら梅酒を飲めるようになりたいものです。

花粉症で鼻がむずむずするときの薬とは

花粉は3月にはもう飛んでいますね。でも人によって反応する花粉の種類は違うので、初夏まで症状が長引く人もいるそうです。

わたしは花粉症はいまのところでていません。でも友人はそろって花粉症もちです。春にはみんな目がかゆいといったり、くしゃみが止まらなくなったりします。あれは見ていてもつらいです。

花粉症改善の方法はいろいろあります。手っ取り早いのは薬を飲むという方法でしょう。でもあの薬を飲むと眠くなるので、仕事が忙しいときは飲めないそうです。ほかにも副作用はあるみたいですね。効き目の強い薬ほど、眠気は強くでるといいます。困ったものです。

イタリアを旅行していた友人が、花粉症に悩まされて、近くにあった普通の薬局で薬を買いました。その効き目がすばらしかったそうです。眠くはならないのに、鼻のむずむずや目のかゆみがすっきりしたと言っていました。

あれは魔法の薬だったと大喜びして、数ヵ月後にイタリアに旅行予定があった別の知人にその薬を買ってほしいと頼んだのだそうです。少しでも早く届けてあげようと思い、知人は旅先から日本へその薬2箱を郵送しました。

しかしこの薬は友人の手元へは配達されませんでした。税関で見つかって差し押さえられてしまったからです。海外では問題なくても、日本の薬事法では許可されない成分が含まれていたということでした。一種の麻薬成分に該当するのだそうです。

税関から電話を受けて、このことを知らされた友人は仰天していました。麻薬とは、どうりで魔法のようにつらさが消えると思ったと、後からしみじみ語っていましたね。事情を話したので、友人は罪には問われていません。でも薬の輸入はむずかしいなと実感したそうです。

薬やアルコールの基準は国によって違います。個人輸入には気をつけないといけませんね。

ファスティングダイエットってどうなんでしょうね

いままでに何度かファスティングダイエットをしたことがあります。何度かというあたりに、あまり成功しなかったことがわかりますね。そう、1度でキマるようなものではありません。いくらがんばっても、1回のファスティングで減少する体重は限られていますから。

ファスティングダイエットとは断食のことです。ただ単にダイエットを目指すのではなく、断食によって体内環境をリセットするという意味合いが最近は濃いようです。飽食の果てに、ものを取り込まないことで健康を目指そうという考え方にむかっているのだと思います。

成功例もかなり多いようです。実家の近くには断食道場という施設がありました。たいていは山の中の、静かな環境のなかにこうした施設は作られています。都会の喧騒から離れて、食を断ちながら自分と静かに向き合おうということでしょう。ここで10日で10kg減量できた人も見ました。

芸能人のなかにもファスティングダイエットで痩せた人はいますよね。モデルのカイヤさんは、たしか信じられないような長期間のファスティングをやり遂げたはずです。もちろんぐっと痩せてました。減量目的ではありませんけど、保坂尚希さんはファスティングでアトピーを改善させたとか聞きました。

痩せるだけでなく、体質改善までできてしまうらしいファスティング。ぜひやってみたいと思って、じっさいチャレンジもしてみました。わたしの場合は、完全断食は2日程度が限度ですね。復食期間を加えると、1週間ほど食事量を大きく減らしました。

わたしの場合はどうだったかというと、そこそこの減量に成功したかなという程度です。1週間で2kgくらいでしょうか。期間を考えれば、これでももちろん大量減量です。でもリバウンドしてしまいます。だからあまり効果があったともいえません。

集中力が落ちてしまうのも難点でした。人によっては、ファスティング中は集中力が高まるといいますけど、わたしはそんなことはまったくありませんでした。便秘症ではないので、断食後にお通じがすごくよくなったとか、宿便がでておなかがすっきりしたとかいうこともありませんし。

急な減量をしたいときには、ファスティングダイエットはわたしには役に立つと思います。でも集中力の欠如という大きなデメリットもあるので、次これをするなら、かなり慎重にしなければだめだとも実感しています。

木蓮の花咲く季節に思うこと

少し早めですが、木蓮のつぼみがほころび始めました。花が大きくて優雅で、木蓮の花は見ごたえがあるから大好きです。桜のあとには木蓮をいつも楽しみにしています。

木蓮の花は夏目漱石が好きだったのだそうです。見ようによっては洋風の花ですし、漱石の趣味としては意外かなとさいしょは思いました。でも漱石は英文学の専門家でしたし、イギリスへの留学経験もありました。木蓮のようにきらびやかな花にも、案外抵抗がなかったのかもしれませんね。

木蓮は中国原産の花なのだそうです。アジアには自生種が広く分布しています。洋風の華やかさがあると思ったわたしの感想が間違っていて、じつはとても東洋的な花であることを最近知りました。東洋的といっても大陸風の堂々とした気配を感じます。島国的感性からみれば、木蓮の華やかさは異国風にみえてしまうのですね。

漱石はウィットに富んだ作品も多く残していますが、『倫敦塔』などの陰鬱な小説も書きました。『それから』なども明るいとはとてもいえませんね。『こころ』では親友が自殺してしまいますし。

漱石自身も、けっして明るい性格の人物ではなかったようです。癇癪もちで、小説を書き始めるとピリピリと神経が逆立って近寄りがたいほどだったとか。明治の男性らしく、奥様を足蹴にすることもあったといいます。それでも『坊ちゃん』のような小説も書けたというのはとても不思議に感じます。

まあ明るいかどうかで人を判断するのもつまらないことです。だれにでも陰と陽はあります。すぐれた文筆家であれば、どんな気分のときであろうと思ったとおりの作品が書けるものです。

とはいえ木蓮を愛した漱石は、美意識の高い人物であったことは間違いないと思います。近寄りがたい孤高の域に生きていたのではないでしょうか。明治はいまよりも作家の地位の高い時代でした。それでも世俗のなかで生きていくのはつらいことだったでしょうね。木蓮の花をみると、いつも漱石のことを考えてしまうのでした。

口角炎に悩む友人をみて思ったこと

いま友人のひとりがひどい口角炎に悩んでいます。唇に水ぶくれができたのが始まりだったので、もしかしたら口角炎ではなくヘルペスなのかもしれません。いまは唇はきれいに治ったのですが、唇の端は痛々しく切れたままです。笑うたびに切れてしまうので、いつまでたっても治癒しないのだそうです。

本人いわく、今回の口角炎の原因はストレスなのだそうです。この友人はコックで、最近新しい職場へ移ったばかりです。条件はわるくないそうで気にいっている様子でした。ただ問題なのは、オーナーの機嫌がいつもよくないことなのだそうです。

どういうわけか、オーナー夫婦は職場でいつも喧嘩をする人たちです。従業員が目の前にいてもお構いなしで、夫婦共に罵声をあげるんですね。数日後には仲直りをしている人たちなので、破局を心配しているわけではありません。すぐ近くで大喧嘩をほぼ毎日見なければいけないのが、わが友人には苦痛なようでした。

友人はオーナー夫妻の両方から、しかも別々に愚痴を聞かされます。相槌をうつのも楽ではないのでしょう。仕事に差し障りはないようですけれど、つらい話ばかりされると気分が落ち込むのは当然だと思いました。

その結果の口角炎です。かさぶたができては剥がれ、できては剥がれの繰り返しです。ふつうは3、4日で治る疾患ですから、友人の口角炎はずいぶん長引いています。それだけストレスが大きいのでしょう。

口角炎を治癒させるには、ストレスを遠ざけ、疲労をためないことがなにより大切なのだそうです。それからバランスのいい食事です。ビタミンB2とビタミンB6がとくに効果的みたいですね。レバーとかお魚をしっかり食べればいいのでしょう。なかなかめんどうな食材ばかりですけれど。

早寝早起き、1日8時間睡眠、ストレスのない職場環境、そして魚中心のバランスのよい食事、これらがそろっていれば、口角炎なんてすぐに治るというわけです。でもこうした恵まれた生活習慣をもっている人って、現代人のなかにどれだけいるのでしょうね。

友人の口角炎が完全に治癒する日はまだ遠いのかもしれません。

洗濯物をうっかり着色させてしまったら

気持ちのいい晴天の日にさっと洗濯を済ませるのは大好きです。でも洗濯のあとに取り出した衣類が着色していたら、一気にへこんでしまいます。こんなことはあまりやりませんけどね。昨日はひさしぶりにやってしまいました。水洗いしたんだけどなあ。

しかも今回はタオル類にもしっかり色がついてしまったので、なおショックです。コットンについた着色は取れにくいといいますから。色がついたものを、薄めた漂白剤入りのタライに漬け置きしました。何時間おきかに確認していましたが、ぜんぜん白くなっていないんです。あきらめてそのまま寝ました。

よほど強力な染料でもついてしまったんでしょうかね。今回の色移りはなかなか手ごわかったです。一晩漂白剤入り水に漬けて置いてから、40度のぬるま湯で洗濯しなおしました。まあまあ落ちました。お気に入りのものもあったので、とりあえず色が落ちてくれてよかったと思っています。

子どものころに書道をやっていたので、そのときは毎週がんこな洗濯物をたくさん作っていました。墨が衣類につくんですよ、子どもだから。墨汁はなかなか落ちないんです。手についたものは石鹸で落ちますが、服につくとじつにやっかいでした。

墨の染みに効果があったのは、ご飯粒です。ふつうのお米のご飯粒でいいんです。それを4、5粒ほど手にとって、衣類の墨で汚れた箇所につぶして摺りこみます。そして洗濯機のなかへ入れて通常とおり洗うだけです。これであのがんこな墨汁の染みがすっきりと落ちます。うっすらと残ることもありますけどね。

墨の染みの落とし方を教えてくれたのは、書道の先生でした。さすがは専門家です。習い事が好きだったので始めた書道でしたが、あれは続けておいてもよかったですね。やめたくてやめたわけではなく、その書道教室が子ども専門で、中二になった生徒は全員やめるという方針で運営されていたからです。

ひさしぶりの色移りを眺めながら、いつかまた書道を習いたいなという思いがよぎりました。